『北朝鮮は米国に対して強硬な態度を行っている』と、ほぼ連日報道されているが、私の偏見を述べます。

 

・北はどう考えても貧困の一途をたどっており、虚勢を張っているが経済的にも破綻状態と思われる。

 

・であれば、北と米は司法取引を行うべきだ。

 

・シナリオとしては、北は表上は更に強硬な態度を執り、戦争へ持ち込む。

 

・裏取引としては、最低限の被害で北は白旗を揚げる。そして米の占領下となる。

 

・そうすれば米の傘下となり、交渉しだいでは政権はそのままで、おとなくしていれば経済が立直る可能性がでるであろう。

 

・更に、北に米軍基地を強化することにより、アジア周辺諸国を監視することができる。

 

・これにより、対中国やロシアからの脅威に対向でき、韓国に対しても監視でき、摸倣大国を抑制できる。(韓国は徴兵制度が不要となる)

 

・米軍の監視により、環太平洋や、東シナ海、日本海、オホーツク海を守ることができるであろう。

 

・日本の一番のメリットとしては、沖縄等の米軍基地問題を簡単に解決できる。やがて表上米軍基地反対の抗議を行っている市町村に閑古鳥が鳴くことになるであろう。