注意

  • 基本的にCPUの換装は自己責任です!もし何かあっても私やメーカーは一切責任を取りません!最近自己責任を自覚できないユーザーが多いので、一言いっときます!


自分が使っているパソコンはCPUが遅い!交換したい!!

こう思う人っていますよね?

しかし、メーカー製のパソコンはユーザーが改造できないように、独自仕様のパーツを使っていますので、換装はかなり難しいです。

職場で私が使っているDELLのDIMENSION8400の場合、そもそもCPU冷却用ファンのピンコネクター自体が違います!

(普通ファンコネクターは白い3ピンまたは4ピンですが、このマシンは黒いコネクターでピンを5つ使っているようです。

しかもこの前ためしに早いCPUをつんでみたところ、冷却が追いつかなくなってマシンが停止しました!

こういうトラブルが発生するため、パーツにかなり精通していないと、換装はできません。

 

なお中にはhpやLENOVOのように、自己責任前提でパーツ販売をしているメーカーもあります。しかしこういうメーカーは極めてまれですね。

中を見られることによって、いろんなノウハウ(マザーボード上の部品配置もノウハウのひとつです)を失うことになる。ならばユーザーが中を見られないようにしてしまおう!というのがほとんどのメーカーの心中のようです。

 

最後に日本で手に入らないパーツは、ebayを見ると結構豊富に売られています。