新中一生の頃、英語の読み方に苦労しませんでしたか?(新中学生、苦労してませんか?)

小学校で習ったローマ字読みが通用しないのです!

timeは「ティーメ」でなく「タイム」 foolは「フォール」でなく「フール」 feelは「フェール」でなく「フィール」 nameは「ナーメ」でなく「ネイム」 stoneは「ストーネ」でなく「ストウン」・・・???なんで???なんでこんな面倒くさいの???

私はもう訳がわかりませんでした。

中学生が英語でつまづく理由の一つがこのような「英語がローマ字どおりに読めない」ことが挙げられます。

以下に読み方のルールを書いておきます。

ただし、これは原則です。

ほぼこれでうまくいくというのが「原則」という意味です(80~90%以上)。

しかしどうしても例外が出てくることがあります。

それは一つずつしっかりと覚えてください。

勉強とは、まず原則を覚えて80~90%をわかるようにして、少数の例外をコツコツ覚えていくのです。これで100%を目指すのが勉強というものです。

では、まずはその80%~90%以上の原則をしっかり理解して覚えましょう!



①「子音(a、i、u、e、o以外の音。k、s、t、n、h、m、y、r、wなどを指します)は、たとえばkなら『かきくけこ』の全ての音の可能性を持っています。どれになるかを直後の母音が決定します。もし母音が直後に無ければ、とりあえず真ん中の『く』で軽く発音します。」

(例)hat(帽子)hは「ハヒフヘホ」のどれかであることを表します。直後がaなので「ハ」に決まります。tは英語では「タティトゥテト」と発音します(たちつてと、とちょっと違います)。tの直後に母音が無いので真ん中の「トゥ」を軽く発音します。→〔ハットゥ〕になります。

  push(~を押す)pは「パピプペポ」のどれかであることを表します。直後がuなので「プ」に決まります。shは「シャシシュシェショ」のどれかであることを表します。直後に母音が無いので真ん中の「シュ」を軽く発音します。→〔プッシュ〕になります。

②「a-e(-は子音)のときはaを〔エイ〕とアルファベット読みし、eは無視します。」

(例)game(ゲーム)なら〔ゲイム〕になります。eは無視するので、mの後ろは母音が無い状態なので「ム」になります。

cake(ケーキ)なら〔ケイク〕になります。

〔ゲーム〕〔ケーキ〕では通じませんよ。

③「i-e(-は子音)のときはiは〔アイ〕とアルファベット読みし、eは無視します。」

(例)bike(自転車)なら〔バイク〕になります。

time(時間)なら〔タイム〕ですね。

④「o-e(-は子音)のときはoを〔オゥ〕とアルファベット読みし、eは無視します。」

(例)rose(薔薇)なら〔ロゥズ〕になります。〔ローズ〕では通じません。

rope(ロープ)なら〔ロゥプ〕になります。〔ロープ〕ではダメです。

 ⑤「u-e(-は子音)のときはuを〔ユー〕とアルファベット読みし、eは無視します。」

(例)tune(曲、音楽)なら〔チューン〕になります。i-podを持っていたら、それに同期させる為のソフトが-Tunes(アイチューンズ)ですよね。

June(6月)なら〔ジューン〕になります。6月の花嫁「ジューンブライド(June bride)」は女性の憧れだったりします。

となるそうです!!後編へ続く